メニュー

目の下のたるみをとる表情筋のトレーニング

目の下のたるみをとるためには、目元の肌の弾力と張りを取り戻すことと、もう1つは
表情筋である、目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えることが大切です。

 

顔の筋肉(表情筋)は骨と皮膚につながっていて、その微妙な動きで細かな表情を作り出すことができています。

 

ですがいわゆる表情筋のうち通常の生活で使っているのは全体の30%ともいわれています。それは、無表情で表情筋を使わなかったり、あるいは加齢などで筋肉が衰えてうまく使えなかったりするからです。その結果、それまで保てていた顔のハリが崩れてしわやたるみがでてしまうんです。

 

目の下のたるみに関連する表情筋は、目の周りの筋肉(眼輪筋)で、それをトレーニングすることになります。

 

注意してほしいのは、目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えることと、マッサージを混同しないことです。

 

目の下のたるみをとる情報をご紹介!

スポンサードリンク

目の下のたるみをとる表情筋のトレーニング記事一覧

表情筋は、顔の目や口、鼻などを動かす筋肉で、細かくは60種類ほどもあります。それぞれの表情筋が相互に作用しあい複雑な表情を作り出します。その中でもメインとなるのは5つです・・・主要な表情筋:■ 前頭筋(ぜんとうきん)眉毛の上から伸びている筋肉で、眉を上げる働きをします。この筋肉で衰えると額に横ジワができてきます。■ 眼輪筋(がんりんきん)目の周りを囲んでいる筋肉で、目を開いたり閉じたりする働きをし...