メニュー

目の下のたるみの原因

目の下のたるみは20代後半からはじまり、年を重ねるごとに進行していますが、いわゆる老化によるものとそうでないものに分けて考えてみます。

 

老化と言うほどではない場合の目の下のたるみの3つの原因は・・・
■ 血液(水分)や老廃物
目の下に血液(水分)や老廃物がたまり、それが停滞して目の下にたるみができてしまう。
 【対策】マッサージ(エクササイズ)、美顔器

 

■ 顔を作っている筋肉の衰え
表情筋を使わないと、顔全体に皮膚がたるみ、特に目の下の皮膚がたるんだ状態になる。
 【対策】マッサージ(エクササイズ)、美顔器

 

■ 皮膚の衰え
紫外線や加齢などによる皮膚が乾燥乾燥することで、皮膚の組織自体が弾力やハリがなくなり、結果目の下のたるみ・しわとなってしまう。
 【対策】化粧品、アイクリーム

 

加齢により目の周りの脂肪の状態が変わって・・・
上の傾向が強まりさらなる原因が生じてきます。
■ 眼窩内脂肪
この場合の根本的な目の下のたるみの原因は、眼球の周りを包み込んでいる「眼窩内脂肪」という脂肪組織が突出してくることで生じます。

 

その眼窩内脂肪は老化などによって皮膚にはりがなくなり、薄くなることで脂肪細胞同士の結束力が弱まってきます。その結果眼球の重さに耐えられず下まぶたの方向に押し出され「目の下のたるみ」になります。

 

これに顔の筋肉が衰え、皮膚の老化が加わるとよけいに目の下のたるみが目立ってきます。

 

老化から完全に逃れることはできませんが、日頃の「目の下のたるみ」に対するケアで予防はできそうですよね。

 

目の下のたるみをとる情報をご紹介!

スポンサードリンク